自分探しの旅①自分に蓋をしてた頃

メサイアコンプレックス」というのがあります。

これは、「あなたのためにやってるのよ」という押し付け的な救済には、自分こそが救済を必要としているという心理のことですが。

往々にして声高に救いたがってる人の中には「救われたがってる自分」が潜んでいるのをみつけることもできる。「助けてあげたい」の気持ちには、自分にも「助けられたい」気持ちがあるということでもあります。

「あなたにはこれが必要だと思うからこれをやった方がいい」とかいう強い感情を伴う押し付けのようなアドバイスも、「あなた」じゃなくて自分のほうが必要だったりする。

 

では、私の場合。

「自分らしく生きるにはどうしたら良いのか」ということに強い関心を持つということは「私が、自分らしく生きることに不足を感じてる」ということの裏返しなんだな、ということがわかります。うん、なるほど、そうだろうな。

うん、うん、それは納得がいく。

 

・・・で、どのへんが?^^;

わかるけど、よくわからない。自分にとっての「自分」ってそんなものですね。

 

前投稿からの続き

前投稿の「控えめなマイノリティ」で自分のことが言葉にできたのは、私にとってすごく意味のあることでした。

私には「自分だけにしか見えないお友達」がいて、誰からも習わないうちからスピリチュアルを身近に感じていたのは事実だけど。

誰からも習わないことでただの自己完結になってるだけなんじゃないか「自分はおかしいんじゃないか」という不安から、自分の事実が認められなくなっていました。

今思うと、自分に認められなかった自分ってかわいそうだなって思います。自分で言うなって感じですが(笑)

振り返ってみる自分のことはそう思います。

 

私は「自分がおかしいのでは?」と疑って不安で誰にも相談できないまま・・・だけどもそんな私を導いてくれたのは目に見えないもの、という矛盾で生きてきました。

そんなんだから今でも別の形で自分と似たような矛盾を抱えて、葛藤しながら生きてる人を見ると「かわいそうだな、なんとかしてあげたいな」って気持ちになります。

「誰にも相談できない」って、言う前からわかりますもんね。

相手は私の話が理解できないだろう、とか。

時代も、今は「スピリチュアル」という言葉がふつうに知られていますが、昔はオカルトだったので、余計自分に蓋をしていました。

 

おかげでスピ嫌い

2000年代に入ってから「スピリチュアル・ブーム」というのが到来し、オカルトが堂々と表の世界に出てこれるような時代の流れになり、私も日陰ものにして隠していた自分を隠すことがなくなって堂々晴れ晴れ~♪・・・とは、なりませんでした。

むしろ逆で。

スピリチュアルを謳ってるけど、なんだか共感できないスピリチュアルが多くて「同じに見られたくない」とか「なんでこんな人たちのほうが表に出てこれるんだろう」という嫌悪と嫉妬が入り混じって、よけい自分に蓋をしてしまったのでした。

あー・・・・・・・暗いなあ。^^;(暗黒期です)

 

嫌悪には「傲慢さ」もあったと思います。

『傲慢』というのには二通りあるのですが、物質的な傲慢とスピリチュアルな傲慢。

私のはスピリチュアルな傲慢で、「人から習ってわかるようになったスピなんて、ただの習い事じゃないか!」みたいな反発があったんですね。(orz)

スピ系を学んでた友人がいたのですが、ブームもあってか、スピ学んでる人がみんなおんなじ言動するのもスピ系に対して不信感につながって、「スピが嫌い」って思う気持ちと、嫌いな理由は自分でもわかってるので「嫌ってる自分のほうが間違ってる」という気持ちと、「でも嫌!」という気持ちで葛藤してました。(こじれ絶頂期です)

 

ただ、そんなブームがあったおかげで私も「そういう情報にアクセスしやすくなった」という恩恵がありました。今まで自分が妄想だと思っていたものが何なのかとか、そういう「何なのか」と思っていたことに関して「ちゃんと知る」機会を得ていけて、自分への誤解も少しずつとけていきました。(だからブーム自体は正しいんです)

 

スピ系に歩み寄ってみる

スピリチュアルを嫌悪する自分には矛盾がある、ということに気づいてから、何とか自分もスピ系の教えを受け入れてみよう!と何度も挑戦してみました。いろんな形で。

とりあえず、すごく勉強した人とか、経験を積んでる人になら自分を出しても大丈夫なんじゃないかと思いアクセスしたら、とんでもないことになったこともありますが。(それも私にじゃなくて、相手にだったんですが・・・^^;)

勉強・・・してたんだなーって、今は思い出。

 

こうやって自分のことを言葉にしていくと、私の辿ってきた道は「自分を受け入れるための道だったんだなー」ということに、改めて気がつきます。

結局のところ、私が「自分らしく生きられてない」と感じているのは、自分が一番認めずに隠してきた自分の部分なので。

 ”そうなんです、私子供の頃からスピリチュアルやってるんですー。^^ははは~”

って言えるようになるのが1つ、目標なのかなって思います。

(この話題はまた続きます・・・^^;)